• 【対象】
  • 2020年以降販売されたWindows 10がプリインストールされている製品
  • ※初期出荷時のWindowsからアップグレードでWindows 10をインストールした製品は対象外です。

  • 【事前に用意するもの】
  • ・USBメモリ 容量32GB以上

  • 【操作手順】
  • 1.ノートパソコンにUSBメモリを接続します。

  • 2.画面左下のWindowsボタンをクリックしてスタート画面を開き、「DragonCenter」をクリックします。


  • 3.DragonCenter起動後、「ツール」⇒「バックアップ」⇒「USB」⇒「次へ」の順にクリックします。


  • 4.リカバリーディスク作成に必要なUSBメモリの容量とノートパソコンに接続されているUSBメモリの一覧が表示されます。
  • 用意したUSBメモリが必要な容量を満たしているか確認してください。容量を満たしている場合には該当するUSBメモリを選択し、「次へ」クリックします。


  • 5.確認のメッセージが表示されたら「OK」を選びます。
  • ※選択したUSBメモリ内に保存されているデータは全て消去されます。必ず事前に必要なデータのバックアップを行ってください。


  • 6.リカバリーディスク(リカバリーUFD)の作成が開始されます。途中で画面を閉じたり、USBメモリをノートパソコンから抜いたりしないでください。


  • 7,リカバリーディスクの作成が完了すると画面上に「正常に作成されました」と表示されます。画面右上の「×」をクリックし閉じてください。