• BIOSを更新すると、ハードウェアの互換性が向上し、場合によってはデスクトップに新しい機能が追加されることがあります。ただし、システムが安定して動作している場合、MSIではBIOSのアップグレードを推奨していません。アップグレードの失敗によりシステムが二度と起動しなくなることもあります。
  •  
  • *準備
  • *BIOSツールディスクの作成
  • *BIOSの更新
  •  
  • 準備
  • ●USBフラッシュドライブ(フォーマットはFAT32またはNTFSが必須)およびBIOS ROMファイル 
  • ●USBフラッシュドライブをFAT32またはNTFSにフォーマットする 
  • (注意): USBフラッシュドライブをフォーマットするとすべての個人データが完全に消去されます。作業を開始する前に、個人用ファイルをバックアップしてください。 
  •  
  • 1. USBフラッシュドライブを挿入し、[USB flash(USBフラッシュドライブ)]を右クリックします。[Format(フォーマット)]を選択します。
  • 2.[File system(ファイルシステム)]で「FAT32」または「NTFS」を選択し、[Start(開始)]をクリックします。
  •  
  • BIOSツールディスクの作成
  • ●MSI公式Webサイトで検索アイコンをクリックします
  • 1.マザーボード(たとえば、Trident X Plus 9th)に該当するBIOSファイルを検索してダウンロードします。検索アイコンを選択して「Trident X Plus」と入力し、[Enter]キーを押して検索します。
  • (注意): モデルはBIOSの[Product(製品)]カラムに表示されています。インテル第9世代プロセッサーはモデルの後ろに「9th」を続けます。 たとえば、CPUがIntel Core i5-9400の場合、インテル第9世代CPUであり、市場名は「Trident X Plus 9th」になります。  
  •  
  •  
  • 2.[Trident X Plus 9th]を探し、[Download(ダウンロード)]を選択します。
  •  
  • 3.BIOSファイルを探し、右側の赤色の矢印をクリックしてダウンロードを開始します。
  •  
  • 4.ダウンロードしたファイルを右クリックし、[Extract All(すべて展開)]を選択します。
  •  
  • 5.[Extract(展開)]を選択します。
  •  
  • 6.フォルダをUSBフラッシュドライブのルートディレクトリにコピーします。 たとえば、EB926IMS.B30をUSBフラッシュドライブにコピーします。
  •  
  • BIOS更新
  • 1.デバイスの電源を入れ、[Delete]キーを押してBIOS設定に進みます。そして、[M-FLASH]を選択します。
  •  
  •  
  • 2.[Yes(はい)]を選択すると、フラッシュモードで起動されます。 
  •  
  • 3.作成したUSBフラッシュドライブを選択し、BIOSファイルフォルダをクリックします。 たとえば、EB926IMS.B30を選択します。
  •  
  • 4.BIOSフォルダに入り、[EB926IMS.B30]を選択します。
  •  
  • 5.[Yes(はい)]を選択します。
  •  
  • 6.BIOSの更新中は、電源をオフにしたり、USBフラッシュドライブを取り外したりしないでください。
  •  
  • 7.更新が完了すると、コンピューターが再起動します。この間に[Delete]を押してBIOS設定メニューに進み、新しいBIOSバージョンを確認してください。
  •  
  •  
  •