ニュース

MSI®、Kaby Lakeこと第7世代Intel® Core®プロセッサー対応の 200シリーズチップセット搭載マザーボードを発表

種類: Product News
最終更新: 04.01.2017

2017年1月4日 —Micro-Star International Co., Ltd. 台湾・新北市— マザーボードの設計で世界をリードするMicro-Star International(MSI®)は、開発コードネーム“Kaby Lake”で知られるIntelの最新デスクトップCPU、第7世代Core®プロセッサーに対応する、Intel® 200シリーズチップセット搭載マザーボードを1月6日より市場投入いたします。Intel® 200シリーズチップセット搭載マザーボードは、現行の100シリーズ搭載製品と同様、LGA1151プラットフォームを採用し、第6世代Coreプロセッサーもサポートします。


MSIでは、200シリーズチップセット搭載製品においても、主にプレイするゲームのジャンルごとに快適なハードウェア環境を構築できるバリエーションを備えたGAMINGシリーズと、ビジネスユーザーや一般ユーザー向けに信頼性に優れたプラットフォームを実現するPROシリーズの、2つのシリーズを展開いたします。それぞれの第1弾市場投入製品は、下記の15製品です。



GAMINGシリーズの中でも、FPSなどの最新ゲームタイトルを快適に楽しめるようにフル機能を搭載したEnthusiast GAMINGには、最新ギガビットLANコントローラのKiller E2500を搭載したモデルを数多く用意するとともに、M.2 SSDの熱問題によるパフォーマンス低下を防ぐM.2 Shieldなどを装備し、より優れたパフォーマンスを発揮できるようにしています。また、USB 3.1 Gen2コントローラに、PCI Express x2接続のASMedia製最新コントローラを搭載し、スループット性能を向上させたLightning USBを採用したモデルを、Enthusiast GAMING全モデルだけでなく、Performance GAMINGやPROシリーズにもご用意いたしました。さらに、GAMINGシリーズでは、VRヘッドマウントで利用される長尺USBケーブルによる信号の低下や遅延の発生を防ぐVR Boost技術を搭載し、次世代ゲーム環境として期待されるVRコンテンツを安定して楽しめるようにするVR Ready機能をサポートしています。


なお、各製品の仕様や価格につきましては、後日改めてご案内いたします。

 

us