{{blogList.blogTitle}}

湾曲モニターと平面モニターのどちらかを選ぶかは難しいですが、この課題に1800Rや1500R、1000Rなどの湾曲率も含めるとさらにややこしいことになります。これを簡単に考えられるようにしていきましょう。

ゲームや動画視聴時に高い没入感を得たい場合や、視界を覆うような大型モニターが好みの場合は湾曲率1000Rモニターが最適となります。

ここでは湾曲率1000Rの導入時のメリットを5つご紹介します。

1. 視野と一緒の湾曲率

人間の視野は平らではなく、1000Rのカーブを描いています。そのため、フラットの大画面モニターを使用した場合は、画面全体が視界に収まりきりません。視界から入る情報は常に1000Rのカーブ内となるので、湾曲率1000Rモニターは人間の視野にマッチし極めて高い没入感を得られます。

Unmatched Immersion

湾曲率1000Rモニターを使用すれば、画面全体に包み込まれる感覚があります。

2. 目からの距離が常に一定

フラットモニターの画面端は、画面中央よりも目から距離が離れています。そのため画面端の色や画像が歪むことがあります。

一方、湾曲率1000Rモニターは、画面中央と画面端の距離が常に目から一定となるため歪みがなくなります。

Better Viewing Anglesn

湾曲モニターを使用すると、小さい視線の動きだけで画面端の情報が把握しやすくなります。


3. 優れた見やすさ

ゲームや動画視聴でもモニターを長時間使用する場合は眼精疲労が心配になります。フラットモニターは画面端まで視線を移動しないと把握しにくく、これが大画面化するほど顕著になります。

これは画面を見渡した時に視線の変化に合わせてピントを調整する必要があり、焦点距離が常に変化することで眼精疲労が蓄積されていくことがわかっています。

湾曲率1000Rモニターは、画面中央と画面端が目から一定の距離になるため、フラットモニターと比べて大画面化しても画面全体の把握が容易です。イギリスのブラッドフォード大学との協同研究では、湾曲率1800Rよりも1000Rのほうが眼精疲労の蓄積が少なかったという結果が出ました。研究についての詳細はこちら.

4. マルチモニター環境も快適

大画面フラットモニターは画面全体を把握するのに大きな視線移動が必要です。しかし、ある程度距離を離して設置することができればこの限りではありません。

湾曲率1000Rモニターは、人間の視野とほぼ同等の湾曲率なので画面全体の把握がし易くなり、高い没入感が得られます。さらに、マルチモニター環境でもカーブを描くので、自然なパノラマビューになります。

5. 優れた製造クオリティ

湾曲率1000Rのような急なカーブを液晶パネルで実現するのは容易ではありません。材料の品質や高い製造技術、熟練した技術者が必要です。MSIのARTYMISシリーズは高品質なゲーミングモニターです。

湾曲率1000Rモニターは没入感を次のレベルに引き上げます

高い没入感を提供すると同時に、高いゲーミング性能を備えています。

Excellent Build Quality

高品質VAパネル

MSI ARTYMISシリーズは高リフレッシュレート、高速な応答速度、広色域に加えハイコントラストが特徴のVAパネルを搭載しています。同期機能にはFreeSync Premium、モデルによってはDisplayHDRにも対応しています。これによりゲームだけではなく動画視聴などの普段使用にも最適です。

ゲームプレイを快適に

  ARTYMISシリーズは快適なゲームプレイができるよう、高いゲーミング機能も搭載しています。

Optix Scope: 遠くにいるターゲットを拡大して正確に狙える機能です。小さいターゲットでも目を凝らす必要がなくなります。

Night Vision: 映像の美しさを損なうことなく、暗いシーンの視認性を高めます。VAパネルの高いコントラストはNight Visionと相性が良く、影や暗闇の雰囲気はそのままにオブジェクトを見やすくします。また、眩しすぎる逆光や太陽光を抑えます。

Sound Tune: AIによりノイズを取り除き、クリアな音質でボイスチャットが可能です。円滑なチームワークを実現します。

動画鑑賞にゲーミングモニターは適しているのか?という疑問については「ゲーミングモニターで高い臨場感は味わえるのか?」の記事で詳しく説明しています。

詳細はこちら: https://msi.gm/artymis-series