{{blogList.blogTitle}}

在宅勤務やテレワークに慣れていない人にとっては、なかなか難しい時期が続いていることでしょう。COVID-19の世界的な蔓延によりいつもの日常を送ることが困難となった今、 強制的なテレワーク状態となった人は何百万人にものぼります。多くの人にとってははじめての経験で、十分な注意も、準備もできていないまま…。

しかし、今はとにかくこの状況に適応していくしかありません。この記事では、自宅で快適に仕事をはじめるためのヒントやコツをご紹介します。オフィスに行けない間、テレワークの長期戦で身体を壊してしまっては元も子もありません。

まず最初に、自宅内でワークスペースを確保することが先決です。仕事に適した机と椅子があることを確認しましょう。ノートパソコンさえあれば家のどこでものんびり仕事ができる…と思ってしまいがちですが、適切な作業環境がなければ身体に負担がかかり、長期的な健康リスクも高まります。

人間工学に基づいた作業アイテムは、身体にとって良いだけでなく、長時間にわたる作業中の筋肉疲労を軽減して生産性を向上させる効果があります。

PC/ノートパソコンのセットアップ:快適なテレワーク環境づくりのために

セットアップに入る前に、デスクトップまたはラップトップのどちらを使用するかを決めておきましょう。それぞれメリットとデメリットはありますが、自分の好みと作業要件、ハードウェア要件、予算などを掛け合わせた上で最適なものを選択しましょう。

ノートパソコンを使う場合でも、適した周辺機器を装備すればデスクトップに劣らない驚異的なワークステーションを構築することができます。ノートパソコンにモニターを追加してデュアルディスプレイ環境を構築する、大画面の外部モニターのみを使用して臨場感あるデスクトップ環境を再現するなど、お好みのセットアップを試してみましょう。


MSI Desktop

ワークステーションPCのセットアップ:MSIデスクトップ + ウルトラワイドモニター

PCを構築せずに、パワーとスタイリッシュさを兼ね備えたパッケージが欲しいという場合はMSIのTrident X Plus がおすすめです。これひとつで、自宅で手軽にワークステーションをセットアップすることができます。職種によってはパワフルな作業環境が必須となりますし、長い一日を終えた後に最新ゲームをプレイしてリフレッシュしたいという場合もあるかもしれません。


デスクトップにはIntel Core i9プロセッサとトップエンドのグラフィックカードが搭載されており、演算やグラフィック処理負荷が高い作業やタスクを行う際にも安心です。



MSI Desktop

デスクトップ形式のセットアップでは、ウルトラワイドディスプレイが1台あればこれまでになく広い画面視野が手に入ります。もちろん、マルチモニター形式でセットアップを行うことも可能ですが、広いワークスペースでベゼルに遮られない大画面を独り占めするなんて、今しかできない最高の体験だと思いませんか?


ラップトップワークステーションのセットアップ:さらに広いワークスペースを構築

普段からノートパソコンを使っている、また社用のノートパソコンを使う必要があるなどの場合は、モニターを追加して生産性をアップさせましょう。作業環境をきちんと整備することで、無理ない姿勢で快適に仕事に打ち込めるようになります。ノートパソコンを使った快適なワークステーションづくりには、以下のアイテムがおすすめです。


MSI Desktop


  • MSI Prestige 14/ MSI GP65 Leopard

MSIのPrestige 14とGP65は、持ち運びに便利なコンパクトさと強力なパワーを兼ね備えた最強のコンビです。洗練されたデザインながら、そこに隠されたハードウェアのパワフルさは本物です。
ノートパソコンのディスプレイを外付けモニターとペアリングするだけで、自宅で簡単にワークステーションを構築することができます。マルチモニター専用のPCと比べると画面サイズに隔たりはありますが、それにかなり近い環境ではあるといえます。


モニター

外に持ち出して使う場合はノートパソコンのみで十分ですが、自宅で作業する際はモニターに接続することをお勧めします。長時間の作業になると、ノートパソコンを使い続けるよりも従来型のワークステーション環境に切り替える方が快適です。
まずは、ワークステーションのセットアップに欠かせないモニターを入手しましょう。作業の種類やお好みの設定に適したモニターを選ぶことが大切です。


  • MAG161Vモニター

The Optix MAG161V モニターは軽量かつコンパクトなモデルで、スペースが限られている場合のセットアップに最適です。ノートパソコンと連動させて、快適なデュアルディスプレイライフが楽しめます。ポータブル仕様のため、必要に応じて移動したり折りたたんだりできるのも便利です。


15.6インチのMSI Optix MAG161Vモニターは、ノートパソコンの画面サイズに近いため2画面でも自然で見やすいセットアップを構築できます。 さらに、アプリケーションを切り替えることなく、長いドキュメント/Webページをスクロールできる垂直画面表示にも対応しています。


MSI Desktop


  • MSI Optix MAG322CQRモニター

より大型の画面サイズで効率的に作業したい場合には、MSIのOptix MAG322CQR 湾曲モニターが最適です。
画面は文句なしの1440p高解像度ディスプレイ。スタンドが動かせるため、拡張したワークスペースを柔軟に調整できます。また、ゼロに近いベゼル幅を採用した特徴的なデザインで、よりシームレスなマルチモニター環境を構築できます。




リモートワークスペースのためのお役立ちソフトウェア

リモート作業専用のワークスペースを構築することは、自宅で仕事に取り組むための最初のステップにすぎません。ここから、作業効率の向上に役立つアプリケーションやソフトウェアをゆっくりと吟味し、取り入れていきましょう。お勤めの企業や組織のポリシーによって望ましいツールは異なりますが、以下でMSIがお勧めするものをいくつかご紹介します。


  • ビデオ会議&ミーティング:Microsoft Teams/ Hangouts Meet

オフィスにいると、会議に出るのも、チームや上司と対面で話をするのもとても簡単です。しかし、在宅勤務となると状況は一転。これらのアプリケーションを活用して、お互いの顔を見ながらオンラインで会議をセットアップしましょう。自宅からでも、これまでとほぼ同じように仕事を進めることはできるのです。


  • チームコミュニケーション&コラボレーション:Slack

Slackはコラボレーションとコミュニケーションを効率化する人気のツール。これひとつでファイルの送信、チャット、作業の管理まで様々なことが行えます。タスクの整理、共同作業、追跡が簡単にできる、豊富な機能を備えたメールのような便利ツールです。