{{blogList.blogTitle}}

オフィスで仕事をする上で、「健康維持」は常に重要なテーマでした。しかし、オフィスには長時間働くことを前提としたデスクやチェアなどの設備が整っているため、健康への影響は多くはないと考えられます。

しかし、自宅で仕事をする時間が長くなると、姿勢が乱れたり、家具や機材が合わなかったりと、長期的に考えた場合、健康には良くないことが考えられます。

調査によると、 リモートワーカーの実に78%が、ダイニングルームやリビングルームなど、その場しのぎの共有スペースで仕事をしているそうです。自宅で仕事をすることは新しいスタイルとして定着しつつありますが、健康を害することは何とか避けたいものです。

今回の記事では、在宅勤務を続けながら健康を維持するための方法をいくつかご紹介します。

人間工学

自宅でもオフィスでも、長時間のデスクワークには良い姿勢を保つことが欠かせません。そのためには、まず「良い」姿勢とは何かを理解することが重要です。

Ergonomics

上の画像のように、上腕と前腕の角度が90度に保たれているのが理想的な姿勢です。太ももやふくらはぎも同様です。また、背骨と首はできるだけまっすぐになるように維持します。

しかし、これは言うほど簡単なことではありません。

姿勢が悪いと、長期的にも短期的にも、以下のような健康上の問題に結びつきやすくなります。
• 腰痛
• 首の痛み
• 頻繁な頭痛
• 消化不良
• 背骨の湾曲

すべての家具が、良い姿勢と優れた快適性を両立させるデザインや機能を備えているわけではありません。その点、人間工学に基づいて設計された家具やアクセサリーは良い姿勢を保ちやすいように設計されています。自宅で仕事をするようになった今、快適で健康的な姿勢で仕事ができるかどうかは私たちが選ぶもの次第なのです。

上の画像を見てみると、モニターの位置が姿勢に大きく影響していることがわかります。

身長や体格は人によって異なるため、自分に合わせられないモニタースタンドでは姿勢が悪くなってしまいます。自分の体格に合った快適なモニターを選び、モニターに合わせるために姿勢を崩すのは絶対にやめましょう。姿勢が崩れたまま長時間作業すると、結果として健康を害してしまうことになります。

例えば、MSIのModern MD241PとMD271Pビジネス&生産性向上支援モニターを見てみましょう。これらのモデルは人間工学に基づいて設計されたスタンドを装備しているため、思い通りに画面を配置することができます。モニターの上下角度調節(チルト)、左右角度調整(スイベル)、画面回転(ピボット)、さらに高さ調節が可能で、作業時の不快感を最小限に抑えることができます。

アイケア

長時間労働が当たり前になった今、私たちの目は、これまでよりもずっと長い時間モニターを見つめていることになります。残念ながら、長時間目を酷使すると、すぐに(そして長期的に)さまざまな健康上の問題へと派生してしまいます。例えば、アメリカ人労働者の45%が、モニターの前で過ごす時間が増えた結果「目が乾く」と感じているという報告結果も出ています。

眼精疲労は、照明の不足、画面がまぶしすぎる、画面との距離が適切でない、姿勢が悪いなどの要因が重なって起こることがほとんどです。次のような症状を1つないし複数感じている人は、眼精疲労の可能性が高いと言えます。
• 頭痛
• 目の疲れ
• 目のかすみ
• 目の乾き
• 首・肩の急な痛み

眼精疲労は画面を長時間見続けることで起こるため、こまめに休憩を取ることが予防につながります。しかし、会議が何時間も続いたり、仕事に集中していて自分のリズムを崩したくなかったりなど、そうはいかない場合もあるでしょう。

このような状況が頻繁にあるという場合は、目への負担を軽減する機能を備えたモニターを使用することをお勧めします。ブルーライト、画面の反射やちらつきなどは、眼精疲労の原因のひとつとされています。

例えば、ブルーライトを浴びると睡眠サイクルが乱れてしまいます。 これまでの研究では、ブルーライトと睡眠不足の関係が繰り返し指摘されてきました。その理由は、就寝間近にブルーライトを浴びると脳は休息せず「覚醒」を促されてしまうためです。同様に、画面のまぶしさやちらつきも眼精疲労の原因となり、 この環境で長時間作業を行うと頭が割れるような痛みを伴うこともあると言われています。

MSIのModern AM241PおよびAM271PシリーズのAIO PCは、アイケアに関して別格の機能を備えたモデルです。上記のような問題を軽減するために、快適な視聴環境と健康を守るための画期的な機能を搭載しています。ブルーライトカットおよびアンチフリッカー技術を採用し、画面のちらつきや過度のブルーライトによる影響を最小限に抑えて快適な作業環境を提供します。


定期的な運動と仕事の休憩

よく言われていることではありますが、定期的な運動は健康維持に役立ちます。睡眠の質向上や減量に効果的なだけでなく、生産性が上がり、一日中、注意力を保つことができるようになります。

また、研究によると、強度の高い運動をしなくても運動をすることによる効果は得られると言われています。 実際、低強度の運動をした人でも生産性や注意力が向上したことがこれまでに報告されています。

体を動かすことは重要ですが、それと同時に適度な息抜きをすることも重要です。自宅で仕事をしていると、「仕事の時間」と「家の時間」の境界が曖昧になります。健康のためにはこの2つの生活を切り離すことが重要です。メッセージやメール、電話などに煩わされない「テクノロジーフリー」ゾーンを確保するよう心がけましょう。

technology-free

ワークアウトの時間に加えて、仕事の合間にも定期的に休憩を取るようにしましょう。画面を何時間も見ているとドライアイなどの原因になりかねませんし、目と心と体を休めることが大切です。少し休憩し、散歩したり、考えを整理したりしてからまた作業を始めましょう。定期的な休憩はあなた自身をリラックスさせ、より幸せな状態にしてくれます(Torkによる調査結果、2018年)。このことを頭に置いて、より生産的で効率的な一日を過ごしましょう。

自宅で仕事をすることは多くの人にとって初めての経験であり、まだこの働き方に慣れていないかもしれません。しかし、今はそれが現実であり、私たちは新たな環境に適応していかなければなりません。 より効率的に在宅勤務を行うための実践的なヒントもまとめてご紹介していますので、ぜひご覧ください。