Intel Z370 vs Z390: 徹底比較

WRITTEN BY

Posted on November 02 2018


Z390マザーボードの登場によりIntel最新チップセットで構築されたゲーミングマザーボードにびつきたい衝動にかられてるのではないでしょうかもしZ370マザーボードを使っているようならなおさらです

 

Z370 vs Z390: 概要


このIntel製のハイエンドチップセットの主な違いを挙げ、アップグレードが必要かを考えていきましょう。
簡単比較してみましょうかZ370Z390機能概要以下のとおりです
CPUタイプ Z390 Z370
LGA1151 LGA1151
メモリーサポート DDR4 DDR4
メモリーチャンネル / チャンネルあたりのDIMMel 2/2 2/2
CPUオーバークロック
CNViサポート ×
独立ディスプレイポート 3 3
PCI-Express 3.0レーンの最大数 24 24
USBポート数 14 14
USB 3.1 Gen 2ポートの最大数 6 0
\SATAポート(SATA 3.0)の最大数 6 6
RAID 0, 1, 5, 10
Intel Optaneテクノロジー

上の表から分かるように、 Z370Z390のスペック関連の違いはCNViサポートとUSB 3.1 Gen 2ポートの数です。しかしながら、MSIのエンジニアリングおよび効率性の観点からすると、ゲーマーやパワーユーザーを喜ばせる変更点がたくさんあります。

まず簡単IntelZ390チップセットの新機能をご紹介その1つずつていきましょう

 

CNViサポート : 2x2 802.11ac ワイヤレス

IntelCNVi (インテグレーテッド・コネクティビティー) により、ワイヤレスモジュールの大部分がチップセットに移動するため、より高速な無線接続が可能になります。つまり、広帯域無線接続(最大1.73 Gbpsのスピードをサポート利用可能になるのです

これにより従来Wi-Fi 標準モデルに、最大帯域幅2改善されましたさらにチップセットにワイヤレスモジュールのほとんどが格納されているので、情報をより迅速交換することができます

ネットサーフィンやビデオのストリーミング程度では問題ないかもしれませんがWi-Fi接続でスピードのいマルチプレーヤーゲームをしみたいにはより快適環境必要です

しかしながらルーターからの距離、家/オフィスのレイアウトインターネット接続などの要因による問題ワイヤレス接続でのゲームセッションを台無しにすることがあります

 

USB 3.1 Gen 2 Ports: 最新のUSB規格の統合

サードパーティーのコントローラーを実装することで、Z370マザーボードにUSB 3.1 Gen 2ポートを追加したメーカーもあります。とはいえZ390チップセットに最新USB規格直接統合することでデータ転送応答性改善されるだけでなく、内臓ポートえることになります

Z370のが0に対し、Z390マザーボードの最大ポート数は6です。USB 3.1 Gen 2 標準使用するデバイスをご利用場合、考えるまでもありません

 

それだけですか

技術的なスペックだけでいうとそう、以上ですでもIntel最新第9世代プロセッサを使うようなら、読けてください

Z370マザーボードは、新しく投入された第9世代Intel CPUと互換性がありますが、Z390プラットフォームにアップグレードするのは悪い考えではありません。Z370マザーボードとはZ390マザーボードは9世代Intelプロセッサを最大限活用できるよう特別設計されています

デザインの改善微調整互換性一言では片付けられません。拡張されたヒートシンクや改良された熱設計によりZ390マザーボードは最新Intel CPU収容するのに最適より動作温度安定性提供しますさらにマルチフェーズVRMシールドによりサーマルスロットリング問題こすことなく、最新のプロセッサを限界までオーバークロックすることができます

もちろんZ390マザーボードの発売によりどれをえばいいかもいるでしょう。価格、性能、機能、外見一番バランスがいいのはMAG Z390 TOMAHAWKだといます
 

MSI MAG Z390 TOMAHAWK – お勧めする理由

MSI MAG Z390 TOMAHAWK魅力はその価格だけでなくこの価格帯にたくさんのプレミアム機能をもたらすところにあります。並列8VRMにより、安定性なわずまた電力供給問題熱問題にぶつかることなくプロセッサをよりくオーバークロックできます

ほとんどの機能はこの価格帯のマザーボードではあり得ないため、TOMAHAWKZ390マザーボードの中でも最高のものと言えるのです。

このマザーボードを際立たせる機能をいくつかていきましょう

 

プレインストールされたI/Oシールド

高価なハードウェアを破損するれのある静電放電がったり I/Oシールドがしくインストールされたかを心配していたあの時代わりです

MSIMAG Z390 TOMAHAWKマザーボードにプレインストールされたI/Oシールドが、静電放電による障害から保護します。また間違ってけられたI/Oシールドをインストールするためにパソコンを分解する必要もなくなりますそのためインストールが簡単かつ安全えます

 

冷却 : M.2 Shield FROZR

発熱しやすい高性能CPUはシステムの温度げる原因となりますこの温度上昇パフォーマンスに悪影響えますしかし、大事電気パーツをカバーする拡張ヒートシンクを使用すれば、長時間ぶゲームセッションの比較的低温つことができるためシステムを限界まで酷使することがなくなります

MSI MAG Z390 TOMAHAWKには、ヒートシンクの表面部分を26%多くカバーできる拡張ヒートシンクが装備されています。デザイン以前のマザーボードと比較するとシステムの温度810°C低下するというきないを発揮します

 

冷却 : 拡張ヒートシンク

発熱しやすい高性能CPUはシステムの温度げる原因となりますこの温度上昇パフォーマンスに悪影響えますしかし、大事電気パーツをカバーする拡張ヒートシンクを使用すれば、長時間ぶゲームセッションの比較的低温つことができるためシステムを限界まで酷使することがなくなります

MSI MAG Z390 TOMAHAWKには、ヒートシンクの表面部分を26%多くカバーできる拡張ヒートシンクが装備されています。デザイン以前のマザーボードと比較するとシステムの温度810°C低下するというきないを発揮します

 

 

電源安定供給 : 8 + 4ピン電源(CPU電源コネクタ

8ピン + 4ピンのCPU電源コネクタを備えるこのマザーボードなら、第9世代Intel Core™シリーズの最高性能プロセッサ(驚異のCore i9 9900Kを含む)にも対応が可能です。

このコネクタによりCPU充分電力だけでなく安定した電力供給実現できるためオーバークロックを確保して最高のゲーミング体験しめますつまり、電力についてまったく心配することなくプロセッサを限界まで使用することができるのです

MSIのデジタルパワーデザインは、電力供給常識よりみのない電流正確CPU供給することで最高のオーバークロック状態実現します

 

速度 : Dual Intel LAN

TOMAHAWKマザーボードには、デュアルGigabit Intel LANが搭載されています。この2つの最高性能ネットワーキングコンポーネントは、国際的なゲーミング環境に最適化されており、CPUのオーバーヘッドを減らし、非常に高いTCPおよびUDPパケットのスループットを実現します。

これは、ゲーマーにとってどんな意味があるのでしょうか?CPUオーバーヘッドが小さければ、CPUをより効率的にゲームに使用して高FPSを実現できます。さらに、デュアルネットワークソリューションとMSI Gaming LAN Managerのコンビネーションにより、レイテンシを最低限に抑えてオンラインで最高のゲーミングを体験できます。
 

WiFi : Intel CNVI対応

Z390チップセットを搭載したほかのマザーボードと同様、MSI MAG Z390 TOMAHAWKIntel CNViに対応しており、お使いのPCに最速の802.11 ac Wave2ワイヤレス規格をお届けします。史上初めて、最大1.734 Gbps1734 Mbps)の帯域幅を実現し、以前の802.11 ac(最大0.867 Gbps 867 Mbps)の帯域幅)を大幅に上回っています。

結論: Z390マザーボードをうべきか

そのえは存知のように簡単せるものではありません。最新Z390マザーボードにアップグレードしなければ節約はできますが、第9世代Intel CPU使用感向上するパフォーマンス、安定性、そして温度調整という利点享受できません

9世代Intel CPUを使用する予定があるなら、Z390独自の機能に加え、体感できるパフォーマンスの向上を無視することはできないでしょう。.

さらに、MSI MAG Z390 TOMAHAWKを購入すると、ゲーマーに高品質とパフォーマンスの両方を確保できる素晴らしいオプションを入手できます。TOMAHAWKを所有するゲーマーは、プリインストールされたI/OシールドやM.2 Shield Frozrなど最高の機能にアクセスして、より良いパフォーマンスと安定性をお手頃価格で楽しむことができます。

つまり、第9世代のIntelプロセッサを最大限に利用したいと考えるゲーマーにとって、Z390マザーボードは必携と言えます。Z370マザーボードを所有していたとしてもCPUのクロックげるだけでなくより快適温度調節全体的なシステムの安定性確保できるという見逃せません

それでも決断ができない場合、以下参考にしてください

  • 従来のIntelプロセッサで十分だと考えていて、第9世代CPUにアップグレードするつもりがない場合
    現在使用しているZ370マザーボードをそのまま使います。ただし、Wi-FiアクセスおよびUSB 3.1 Gen 2Z390チップセットで使用)へのアクセスを向上したいと考えるなら、Z390マザーボードへの変更を検討しましょう。
  • 8世代Intelプロセッサで十分だと考えていて、第9世代CPUにアップグレードしようと考えている場合
    今すぐZ390マザーボードにアップグレードしましょう。予算に限りがあっても、MSI MAG Z390 TOMAHAWKなどは賢明な選択肢です。現在のプロセッサのオーバークロッキングおよび温度調整を向上しながら、第9世代Intelプロセッサの到着と同時にマシンを更新することができます。
MSIの新しいZ390マザーボードを要チェック: https://jp.msi.com/Landing/intel-z390-gaming-motherboard
us