GeForce RTX 20シリーズ搭載薄型・軽量・ハイスペックゲーミングノートPC「GS75 Stealth」

WRITTEN BY

Posted on February 26 2019


GS75 Stealth

ゲーミングノートPCが「重い」「分厚い」「大きい」というのは完全に過去のものとなりました。2019年に誕生した薄型・軽量ハイエンドゲーミングノートPC「GS75 Stealth」は従来の常識を打ち破る衝撃的な製品となりました。

17.3インチ狭額縁液晶パネルを採用することにより従来の17.3インチゲーミングノートPCよりも薄型・軽量化を実現。薄さ18.95mm・軽さ2.25Kgの本体に6コア12スレッドのCore i7-8750HとGeForce RTX 2080 Max-Qデザインを搭載。驚くほど薄くて軽い本体でゲーミングデスクトップPC並みのパフォーマンスを発揮します。さらに、リフレッシュレート144Hzゲーミング液晶パネルも標準搭載しているところがゲーミングノートPCとして高いゲーミング機能を搭載していることの証にもなります。
GS75 Stealth

薄さ18.95mm・軽さ2.25Kgの本体が実現する高パフォーマンスを支える強力冷却システム

GS75 Stealthは薄型・軽量ノートPCながらGeForce RTX 2080 Max-Q デザインを実現したトいうところにとどまらず、CPUとGPUが持つパフォーマンスを最大限発揮するための冷却システムがという際されています。7本のヒートパイプと3基のファンを組合わせた冷却システムは「Cooler Boost Trinity+」と呼ばれ、この冷却システムがあるからこそGeForce RTX 2080のパワーを発揮することが可能になります。

強力な冷却システムを搭載することにより一時的に高パフォーマンスが出せるだけにとどまることなく、長時間高パフォーマンス状態を安定的に維持することを可能にしたのです。

7本のヒートパイプと3基のファンを組合わせたCooler Boost Trinity+
GS75 Stealth
 

スペック詳細

GS75 Stealthは薄くて軽い、けれども超高パフォーマンスを実現した新しいゲーミングノートPCです。ここではそのスペック詳細をご紹介しましょう。
 

GS75 Stealthスペック詳細:

  • Windows 10 Home 64bit
  • 17.3インチ、フルHD(1,920×1,080)、ノングレア、狭額縁デザイン、リフレッシュレート 144Hz
  • インテル Core i7-8750H
  • NVIDIA GeForce RTX 2080 Max-Q デザイン
  • インテル HM370
  • メモリ 16GB(8GB ×2)DDR4
  • SSD 512GB(M.2 NVMe)+ HDD 1TB
  • 有線LAN Rivet Networks Killer E2500 GBLAN+Killer Shield
  • 無線LAN Rivet Networks Killer Wireless-AC 1550i(2×2 IEEE802.11 a/b/g/n/ac+Bluetooth 5)
  • Thunderbolt 3(Type-C)×1、USB3.1 Gen1 Type-C ×1、USB3.1 Gen2 Type-A ×3、ヘッドホン出力(Hi-Res対応)×1、マイク入力 ×1
  • バッテリー駆動時間 6時間(JEITA 2.0)
  • 本体サイズ 396.1×259.5×18.95(mm)
  • 本体重量 2.25Kg
軽さは2.25Kg
GS75 Stealth

薄さは18.89mm
GS75 Stealth
 

ベンチマークスコアはまさにゲーミングデスクトップPCクラス

GS75 Stealthが持つパフォーマンスをベンチマークソフト3D Markを使って見てみましょう。比較的負荷の低い3D Mark 11ではかなり高いスコアを出しています。3D Mark Fire Strikeでも薄型ノートPCとしては破格のスコアになっています。最も負荷が高くDirect X12を用いた3D Mark Time Spyでは7000を超えるスコアを出しており、最新の3Dゲームも快適に楽しめるレベルであることが証明されました。
GS75 Stealth

GS75 Stealth

GS75 Stealth
 

Open GLを用いたベンチマークでも高スコアを記録

GeForce RTX 2080 Max-QデザインはDirectXのみならず、OpenGLの処理でも高いパフォーマンスを発揮します。これにより3Dグラフィックス作成や3Dゲーム開発でも高速・快適動作を実現。
GS75 Stealth
GS75 Stealth

GS75 Stealth
 

ゲームベンチマークでも高パフォーマンスを発揮

最新のゲームタイトルから比べると比較的負荷の低いFF14のベンチマークではフルHD解像度の最高品質で14000を超えるスコアを記録。実際のゲーム内でもグラフィック設定を最も高い状態にしても快適にゲームをプレイできるでしょう。
GS75 Stealth

負荷の高いAssassins' Creed Originsでは設定をすべてUltra Highに設定してもFPSは72以上・スコア8764を記録。GeForce GTX 1080 Max-QではFPSが58であるため、従来製品よりもかなりパフォーマンスが向上しています。
GS75 Stealth
GS75 Stealth

GeForce RTX 2080 Max-Qデザインはリアルタイム レイ トレーシングに対応しているため、対応しているゲームタイトルでは現実感溢れる映像でゲームを楽しめます。BattleField Vはレイ トレーシングに対応しているため、迫力と現実感のある戦場を体験することができます。ゲーム内のFPSは60~85になります。
GS75 Stealth

Dragon Center内のファン速度をAutoに設定して動作させた場合、本体の表面温度は43~45℃程度になります。ファン回転数を最大に引き上げるCooler BoostをONにすると表面温度は41℃前後まで低下します。一般的なゲーミングノートPCでは表面温度50℃を超えることもあるため、GS75 Stealthに搭載される冷却システムはかなり優秀であるといえます。

GS75 Stealth

GS75 Stealth

GS75 StealthにはM.2 NVMeタイプのSSDが採用されています。HDDやSATAタイプのSSDとは比較にならないほど読込・書込速度が高速です。このため、OSの起動やゲームの起動、ゲームの読込の速度が大幅に高速化されています。
GS75 Stealth
 

総評

ベンチマークソフトの結果を中心にGS75 Stealthのパフォーマンスを見ていきましたが、どれもこれもGeForce GTX 10シリーズのハイエンドモデルクラスを搭載したゲーミングデスクトップPCに匹敵するほどのパフォーマンスを発揮していることが判明いたしました。それでいて本体の薄さは18.9mm・軽さは2.25Kg。一昔前のゲーミングノートPCの持つ「重い」「分厚い」「大きい」というイメージからは完全に解放されたデザインになっています。
GS75 Stealth

The overall performance on RTX 2080 Max-Q is around 20%~30% faster than GTX 1080 Max-Q, will even higher in some heavy loading games, so it's just a beginning to have GS75 Stealth 8SG RTX 2080 Max-Q laptop, you use it longer, you enjoy the value and advantage more! I will give it 9.5/10 Score!

Use GS75 Stealth to watch video or work with coffee and a piece of cake is relaxing.
GS75 Stealth
ru