AMD X470とX570の比較:X570の新機能

By Jerry |
Ryzen 3000シリーズのCPUが7月に発売されるとの発表を受け、アップグレードを考え始める人が出てきています。そこでX470とX570を比較してチップセットやマザーボードの違いをレポートします。

強力なプロセッサを最大限に活用するには、信頼性の高い強固な基盤が必要です。そしてそれを実現しました!熱関係のアップグレードの他、MSIのX570ラインアップはAMD Ryzen CPUのため最新かつプレミアムなマザーボード機能を特長としています。
x570
 

チップセットの比較:X470 vs. X570 チップセット

プロセッササポート

技術的な制限や熱的な制限により、今後発売されるチップセットの互換性は様々です。第3世代RyzenはAMDの公約どおりAM4ソケットを持つマザーボードと互換性がありますが、X570マザーボードが古いAMD CPUのすべてに対応するわけではありません。
対応するCPU
X470
X570
3rdAMD第3世代Ryzen™プロセッサ
Yes
Yes
2ndRadeon™グラフィクス搭載AMD第2世代Ryzen™プロセッサ
Yes
Yes
2ndAMD第2世代Ryzen™プロセッサ
Yes
Yes
1stRadeon™グラフィクス搭載AMD第1世代Ryzen™プロセッサ
Yes
No
1st第1世代Ryzen™プロセッサ
Yes
No
 

PCI-e 4.0およびM.2 Gen 4

最新のPCI-e接続規格である第4世代PCI-eは、ストレージやグラフィックで最高のものを必要とする人たちに驚きの速さを提供します。これで、グラフィックカード、ストレージデバイス、ネットワーキングデバイスなどの新しい時代に対応できます。

既存のPCI-e 3.0規格の2倍の速度と帯域幅を実現する第4世代PCI-eは、周辺機器の将来をパワーアップさせます。64 GB/秒という桁外れな帯域幅は、プロの仕事量を楽々とこなすこと請け合いです。

最新世代のM.2ソリッドステートドライブ(M.2 Gen 4 ドライブ)は驚くべき速度を実現します。 最大5000 MBpsのシーケンシャル読込速度で、大きなデータの塊を軽々と処理します。高速のストレージソリューションへのアクセスを必要とするプロや熱狂的なゲーマーに最適です。
 
x570
 

MSI X570 vs. X470 マザーボード:新機能および改善点

最新のRyzenプロセッサが実現した性能の大幅な向上に触発され、そのパワーを最大限に活用するマザーボードを設計する必要にかられました。MSIのX470とX570のラインアップを比較すると、全く違う次元のものとお気づきになるはずです。下で大きく変わった点を見ていきましょう。
 

Ryzen用ハイエンドなマザーボードオプション

第3世代Ryzenシリーズのすべてのプロセッサはすばらしい計算能力を備えています。そして今回、ユーザーが必要とする性能のすべてにアクセスできるよう、AMD Ryzen CPUのためのハイエンドなマザーボードを発売する運びとなりました – 初めてのことです!

このマザーボードはシンプルだけれども欠かせない要素に基づいて作られました。性能と拡張性です。

当社のトップエンドであるMEG X570 GODLIKEやMEG X570 ACEマザーボードには、パワーユーザーを底なしに喜ばせる様々な機能が搭載されています。サーマルスロットリングの軽減を可能にした改良サーマルデザイン、オーバークロッキングおよび安定性を向上させるためのマルチフェーズVRM、最新のネットワークおよび周辺機器の接続規格への対応、美しい外観など、他にも言い出したらキリがありません。
 
x570
 

第4世代PCI-eを最適にサポートするためサーバーグレードPCBを採用

AMDの最新のRyzenプロセッサは、ミッドレンジとハイエンドコンピュータの境界線をあいまいにしました。本気の性能や最新の接続規格のサポートには、それに対応すべく特別に設計されたマザーボードが必要になります。

そのためX570マザーボードにはサーバーグレードのPCBを使用し、最新のRyzen CPUの能力と性能をサポートするだけでなく生かすバックボーンをユーザーに提供しています。サーバーグレードのPCBは、ミッドレンジのPCBに比べ最大3倍もの耐熱性を誇るため、ボードは安定性を保ち、比較的高い温度でも反りや曲がりの心配がありません。
 

最適化されたサーマルソリューション:FROZRヒートシンク、拡張ヒートシンク、拡張ヒートパイプ

大いなる力には大いなる責任が伴います。MSIのX570マザーボードは、最新のAMD CPUの驚異的な能力を活かすよう設計されています。

サーマルデザインの改良点の一部として、X570マザーボードはチップセットの冷却用に独自のFROZRヒートシンクを搭載しています。MSI独自のプロペラブレード技術は静かながらもチップセットをしっかりと冷やします。これにより、AMD の新CPUシリーズのようなパワフルなハードウェアが作動している時でも、MSI X570マザーボードは確実に低温を維持できます。また、プロペラブレード技術採用のファン(特許取得済み)搭載のうえ、ダブルボールベアリングを使用することで、50,000時間ノンストップのゲーミング体験を実現します。
 
x470


一部のMSI X570マザーボードでは、拡張ヒートパイプと拡張ヒートシンクなど、改良されたサーマルソリューションを採用しています。 MSIのX570ラインアップなら、これまでにリリースされた中で最も強力なRyzen CPUを実行することはもちろんオーバークロックでさえも易々と行えます。
 
x570


MSIのX570マザーボードとサーマルソリューションの改良点の概要

Model
MEG X570 GODLIKE
MEG X570 ACE
MPG X570 GAMING PRO CARBON WIFI
MPG X570 GAMING EDGE WIFI
MPG X570 GAMING PLUS
PRESTIGE X570 CREATION
拡張ヒートパイプ
Yes
Yes
-
-
-
Yes
拡張ヒートシンク
-
-
-
Yes
Yes
Yes
FROZRヒートシンク
Yes
Yes
Yes
Yes
Yes
Yes
M.2 Shield FROZR
Yes
Yes
Yes
Yes
Yes
Yes

Zero FROZRテクノロジー

システムがアイドル状態にある場合、ファンが回転していてもあまり役には立ちません。システムの温度が十分に低い場合、内蔵型のファンが回ることはありません。MSIのX570マザーボードは、チップセットの温度を随時モニターする優れたファンチューニングシステムを備えており、必要のない場合ファンを止め、高い負荷のかかる作業中にのみファンが回るようになっています。
 

CPUサポート : IRデジタルPWMダブラーデザイン

MSI X570シリーズのマザーボードでは、ハイエンドなIRデジタル電源デザインとIRフェーズダブラーデザインを採用し、高速かつ歪みのない電流をピンポイントの精度でCPUへ供給します。

このピンポイントでの歪みのない電力供給により効率性を最大限に保ちながら、X570マザーボードのマルチフェーズVRMで、新品のマルチコアプロセッサをオーバークロックする際に安定性を高めます。電力供給における改良点をボード全体で実感しながら、新品ピカピカのハードウェアから最高のパフォーマンスを引き出すことができます。

MEG X570 GODLIKE、ACE、PRESTIGE X570 CREATIONマザーボードの電力供給方法も優れたDrMOS電源フェーズ設計で強化しました。
 
x570
 

ネットワーク : Wi-Fi 6 & 10 ギガビット イーサネット (10 GbE)

ネットワーク分野における改善はいつでも歓迎されるべき変化です。MSIでは、4Kストリーミング、ホームメディアサービス、NASなど、かつてないほど増加しているコンテンツの消費ニーズに既存のネットワーク標準が対応しきれなくなってきたことを受け、有線とワイヤレス両方のネットワーキングについて新標準を開発しました。

最新のWi-Fiは、1つ前のWi-Fi 5規格 (802.11ac) と比較して、信頼性、安定性、帯域幅、電力効率の全てにおいて優れいています。

同様に、有線ネットワーク用の 10 GbE 標準は、フル デュプレックス対応を初めて実現し、1 秒当たり 10 ギガビットという驚くような水準まで帯域幅を引き上げる一方で、 レイテンシを確実に抑制します。対応モデル -MEG X570 GODLIKE と PRESTIGE X570 CREATION は、次世代ネットワークへより高速にアクセスしてユーザのニーズに応えます。
 
x570
 

最新のUSB規格 (USB 3.2 Gen 2)

USBの命名規則は誰もにとって悩みの種ですが、最新のUSB規格は驚愕の速度を実現しています。MSIのX570マザーボードはすべてUSB 3.2 Gen 2に対応しているため、最新の外付けデバイスに接続でき、この新しい規格がもたらすスピードと帯域幅を存分に享受できます。

X570マザーボードにはType AとType Cコネクタがあります。
 

結論:アップグレードすべきか?

旧世代のマザーボードからアップグレードするのなら、答えは出ています。最新の第3世代Ryzen CPUとともに予算内で最高のX570マザーボードを手にしましょう。

X470マザーボードを持っている場合は慎重に考える必要があります。以下のいくつかが当てはまる場合や重要だと思う場合、答えは「YES」です。X570マザーボードにアップグレードするべきです。
  • 最新の第4世代PCI-e Gen 4規格で超高速の次世代の周辺機器にアクセスしたい。
  • 次世代M.2 Gen 4 SSDの読み取り/書き込み速度に対応する必要がある。
  • 最高の3000シリーズAMD Ryzen CPUを購入し、その性能をあますことなく引き出したい。
  • 高周波メモリを易々と実行したい。
  • 新しいWi-Fi規格 (Wi-Fi 6) と10 GbEイーサネットのサポートが組み込まれていることにワクワクする。
  • ハイエンドなマザーボードやAMD Ryzenに向けた数々のプレミアム機能を試してみたい。
すべてのX570マザーボードが最新のAMD Ryzen CPUの驚異的な性能を扱うために作られているので、第3世代Ryzenプロセッサを最大限に活用したい場合、アップグレードへの答えは自ずと出てきます。

最新かつ最速の規格を使いたく、発熱問題を起こすことなくハードウエアをその限界まで押し上げたいのなら、X570マザーボードを手にするほかありません。MSIのX570マザーボードの詳細はこちらからご覧いただけます。
 
x570
ブログの定期購読

最新のハードウェアやニュース、ヒントを常に入手

このボタンをクリックすることにより、MSIの利用規約およびプライバシーポリシーに同意するものとします。

us