現行モニターの解像度に関する簡単ガイド

By |
多くのゲーマーは今がモニターをアップグレードするタイミングなのか、はっきりとわかっていないようです。選択肢が多すぎるし、多用されるモニターのマーケティング用語を読み解くのも一苦労です。そこで、このガイドではモニターの重要な技術仕様の1つである「解像度」に絞って紹介していきたいと思います。
 

解像度とは?


ピクセルはディスプレイの最小単位です。コンピューターが指示を出した時に点灯する色のついた明るい点と考えてください。こうした点が集まって光ると、ディスプレイの画像となります。

解像度は単純に、モニター上で縦および横に点灯するピクセルの数を示す表記です。「横のピクセル数」x「縦のピクセル数」として表されます。モニターはさまざまな解像度をサポートしていますが、すべてのモニターに実効解像度があります。この実効解像度は、画像を表示するときにモニターが対応できるピクセルの最大数を示しています。

たとえば、フル HD モニターの実効解像度が1920x1080だとすると、最大で横1920ピクセル、縦1080ピクセルまで対応していることになります。この解像度は1080pとも呼ばれ、特定の解像度を表すときによく使われます。この表記法では、縦の解像度だけを示して単位として「p」をつけます。

人気の解像度(さまざまな表記)
 

解像度が画面サイズに与える影響

直接的な影響はありません。モニターのサイズは、解像度の影響をまったく受けない独立した仕様となっています。かなり大きなデスクトップディスプレイよりも高い解像度を持つ比較的小さなラップトップスクリーンの方をよく見かけるのは、そのためです。

つまり、ゲーミングモニターを探すときは画面のサイズと解像度のちょうど良いバランスを保つ必要があります。

主に映画や音楽コンテンツを消費するユーザーとは異なり、ゲーマーは画面の近くに座る傾向があります。解像度の低い巨大なモニターでゲームをしてみると、その短い距離ではすぐに鮮明さに違和感を感じるはずです。つまりゲーミング体験が著しく損なわれるのです。一方、高い解像度を選んでも画面サイズが小さければ、ビジュアルはそれほど向上しません。

では、予算とビジュアル体験の両方で最高の価値を発揮するのは、どのサイズと解像度でしょうか?

MSIの見解では(プレミアムなゲーミング体験を求めるほとんどのゲーマーの意見と一致すると思うのですが)、フルHD(1080pまたは1920x1080)モニターには23~24インチの画面サイズが最適です。27インチ以上の画面サイズを選ぶ場合は、1440p解像度(2560x1440またはWQHD)が理想的です。

24インチの1440pモニターや24インチの4Kモニターを選んでも、もちろん問題ありません。24インチのフルHDモニターより画質が良いかというと、答えは「Yes」ですが、鮮明さの違いはすぐにはわかりません。同じ距離から同じサイズのフルHDディスプレイと比べると違いがわかります。MSIのベスト・オブ・ベストゲーミングモニターページhttps://jp.msi.com/Landing/best-monitor-for-gaming/ であなたにぴったりのものを見つけてください!
 

4Kはゲーミングに適した解像度か?


NVIDIA RTX 2080Tiは現在、市場で最高のグラフィックスカードです(2019年3月時点)。RTX 2080Tiを使用して4Kでゲームをした場合、最初はかなり高いFPSを発揮しますが、一部のゲームでは安定した60+ FPSを実現できないことがあります。グラフィックの質を妥協したくないゲーマーなら、特にそう感じるでしょう。

ですから、価値やプレミアムなゲーミング体験の観点から4Kモニターはおすすめできません。低解像度のモニターで高画質設定でプレイする方が、高解像度の低画質設定でプレイするよりも優れたビジュアルを体験できます。
 

1440pのゲーミングモニター - 現行最高のゲーミング体験

グラフィックスカードが4Kゲーミングを処理できるほど成熟していないため(処理できるとしても、かなりの費用がかかります)、一歩下がった1440pが最適です。

WQHD解像度は現在、ゲーミングの最適ポイントと考えられています。1440pのような高解像度でゲームをする場合、FPSの低下を心配する人がいるかもしれません。しかし、NVIDIAから最近リリースされた20シリーズのグラフィックスカードを使えば、ゲームで希望の144FPSを出すことができるだけでなく、さらに洗練されたゴージャスなビジュアル体験を楽しむことができます。

さらに、4Kゲーミングモニターを楽しみたい人にとって144Hzモニターを見つけることはほとんど不可能になっている現代においても(2019年第1四半期)、144Hzのリフレッシュレートを持つWQHD(1440p)モニターなら簡単に見つかります。
 

解像度とグラフィックスカード


最高の解像度モニターを使用することでゲーミング体験は向上しますが、それはシステムが対応できればの話です。このセクションでは、解像度を問わず60+FPSを「希望のフレームレート」と想定します。これより低いフレームレートでもゲームをすることは可能ですが、レートが低いほどゲーミング体験は低下します。

つまり、ただ一番良いモニターや解像度を選んでも、必ずしも素晴らしいゲーミング体験ができるわけではないのですん。実際にお使いのPCに十分な処理能力やGPUがなければ、同じ環境で低解像度のモニターを使用した場合に比べてゲーミング体験は劣ります。

以上を踏まえてまとめると、144 Hzという高いリフレッシュレートのメリットを享受するには、よくプレイするゲームでシステムが144 FPS近くまで出すことができる必要があります。

▼1440pでのApex Legendsのグラフィックスカードベンチマークを以下に示します。

NVIDIA GTX 1660 Tiのリリースにより、GPU市場はやや様変わりし、以前は高いバリュープロポジションを示していたものがいくつか消えました。現時点で、最高品質の設定かつ1440pで安定した60+FPSを維持するなら、RTXグラフィックスカードをおすすめします(RTX 2060以降)。

もちろん、これはゲーマーによって変わります。よりスムーズなゲーミング体験のためにグラフィック設定を落とすつもりなら、もっと予算をかけてGTX 1660 Ti /GTX 1060またはRX580/RX570を選んでもよいでしょう。また、ほとんどの時間をCS:GO、Dota 2、Overwatch、League of Legends、World of Tanksなどの競争ゲームに費やすなら、中間レベルのグラフィックカードを使い、必要となる高いFPSを確保する必要があります。

MSI WQHDゲーミングモニター – OPTIX MAG271CQRとOPTIX MAG321CQR

MSIは、予算内でできる限り最高のゲーミング体験を生み出せるようなゲーミングハードウェアと周辺機器を提供する必要があると考えています。4Kゲーミングは求めるレベルに達していないことがわかっていたので、MSIは素晴らしいパフォーマンスと目を引くビジュアルの両方の点で優れた解像度、つまり1440pまたはWQHDに力を入れています。

名前が示すとおり MAG271CQR は27インチディスプレイで MAG321CQR は32インチモニターです。MSIは、現代のゲーマーを想定してモニターを設計しています。MSIのモニターは、ゲームプレイとゲーミング体験の両方を向上させるプレミアムなゲーミング機能を搭載しています。

人気のWQHD解像度(1440p)だけでなく、144 Hzのリフレッシュレート、1ミリ秒の応答時間、湾曲型デザイン、アンチフリッカー、ゲーミングステーションを彩るエレガントなRGBを備える最高のモニターです。

MSI MAGシリーズの湾曲型モニターの詳細は、以下をご覧ください。


MSIのベスト・オブ・ベストゲーミングモニターページ https://www.msi.com/Landing/best-monitor-for-gaming/ であなたにぴったりのものを見つけてください!
 
Subscribe to Our Blog

Stay up to date with the latest hardware,tips and news

By clicking the button, you agree to MSI’s Terms of Service and Privacy Policy.

us