{{blogList.blogTitle}}

ハードウェアに関心のあるユーザーはPCIe Gen4(4.0)に関して聞いたことがあるはずです。
最近NvidiaはRTX30シリーズグラフィックスカードに対し、PCIe Gen4を採用いたしました。
PCIe Gen3ユーザーは心配しているでしょうが幸いなことに、Gen3とGen4の差は非常に小さく、PCIe Gen3ユーザーも安心できます。

グラフィックスカードのPCIe Gen3の帯域幅を考慮した際、ディスクの帯域幅の問題のほうが遥かに深刻になります。
HDDドライブを使用しているユーザーは数十年前から基本的な構造は変わっていません。
過去数十年で、モーターや、ディスクの数、キャッシュなど開発は進みましたが、構造上の要因によりHDDの速度は以前として遅く、データの読み込みを行うときは以前として時間がかかります。

SSD

SSDドライブの登場により、機械的な読み取りと書き込みを半導体技術に変わりました。
NANDとコントローラーの組み合わせによりSSDの速度はSATAポートの上限スピードを簡単に超えることが出来ました。
したがってこのSSDはわずか数年で、SSDに取って代わられました、結局のところ、大容量のデータを開いたときや、ゲームマップを読み込んだとき、ハードディスクの速度向上を簡単に体感することが出来ます。

同時に、SATAインターフェースの帯域幅不足の問題を解決するために、NVMe プロトコルを採用した、M.2インターフェースが生まれました。現在主流のM.2インターフェースは全てx4帯域となり、
B365、B450、Z390、Z490、B460はPCIe Gen3の構成となっています。
X570、B550、TRX40はPCIe Gen4を使用することが出来ます。
このx4帯域が上限のため、帯域幅を増やそうと思うと、PCIeのバージョンを4.0にするしかありません。

PCIe x16スロットを比較するとPCI4 Gen4はこれまでのGen3と比べてM.2 インターフェースのスピードは2倍となります。
つまりGen3の理論上 4000MB/sの速度がGen4で8000MB/sになり、帯域幅が2倍になりパフォーマンスが大幅に向上します。
2019年にX570マザーボードが正式に販売され、PCIe Gen4は一般的になりました。多くの企業がこのPCIe Gen4のSSDを製造しています。現在の最大読み込み速度はおおよそ5000MB/sとなっていますが、今後さらに高速なSSDが登場することが予測されています。

最近Samsung製 980 PROやADATA製 XPG GAMMMIX S70等がさらに高速なPCIe Gen4SSDを発売しました。
Samsung 980 PROは前世代の970のアップグレードモデルとなります。
Samsung 980 PROは自社製コントローラーのELPISコントローラーを採用しました。また元はMLC NANDを採用しましたが、
TLC NANDに置き換えています。交渉速度はシーケンシャルリード(順次読取)で最大7000MB/s、シーケンシャルライト(順次書込)で最大5000MB/sです。最高速度は、前世代の970 PROより2倍の速度となっています。

Samsungに加え、別のストレージブランドであるADATAも最近新しいPCIe Gen4 SSDであるXPG GAMMMIX S70をリリースしました。
このS70 SSDは読取速度は7400MB / 6400MBの最大速度を持つ新しいチップを使用しています。
書込速度は、古いPCIe Gen4製品や、Gen3製品より2倍以上の速度があります。もちろんこの最速のPCIe Gen4を使用する場合は、X570/B550/TRX40マザーボードのみ対応しています。

Samsung 980 PROとADATA S70はどちらも理論的にもは第2世代のPCIe Gen4 SSDと見ることが出来ます。以前の製品と比較して、速度が大幅に向上し、ゲーミング環境も向上しました。
今後PCIe Gen4規格に準拠した、デバイスは増えていくため、PCIe Gen4の話はここで終わることはありません。
強力なRTX30シリーズはPCIe Gen4の普及を加速していくことになります。