ゲーミング PC ケース選びに役立つガイドをお届けします!

WRITTEN BY

Posted on February 18 2019


PC ケースびはそれほど簡単仕事ではありません。最適なサイズをんだら、次機能全体える必要がありますゲーミングのセットアップにぴったりマッチしながらも、内部パーツがすっきりとまらなくてはなりません


 そこで、換気、冷却システムの互換性、フォームファクタなどPC ケースを購入するときに検討すべき要素をご紹介していきましょうさらにMSI  MPG GUNGNIR 100ゲーミング PC ケースを初公開します
 

基本 - ケースのサイズ

PC ケースのサイズによってシステムに設置できるものできないものがまります。最適なサイズをるには、必要なスペースインストールするハードウェア、使用する冷却システムの種類などをめておく必要があります

EATXATXMATXMini-ITX とは?
マザーボードには、標準 ATX サイズよりきいものとさいものがありたくさんの拡張オプションがしいのニーズにもコンパクトなビルドを希望するのニーズにも対応していますEATX(拡張 ATXマザーボードは、名前のとおり ATX マザーボードよりきい規格です。一方、M-ATXマイクロ ATXマザーボードは標準 ATX マザーボードよりさくMini-ITX ボードは最小かつ一番人気小型フォームファクタとなっています

つまり、マザーボードのサイズを大きい方から並べると、EATX > ATX > M-ATX > Mini-ITX という順になります。

これは世界標準となっておりPC ケースマザーボード、電源 ATX フォームファクタの仕様同様規格使用していますでは、現在市販されているコンピュータータワーのさまざまなサイズとタワー意味確認していきましょう
 

1. フルタワーケース

標準的 ATX マザーボードのさは 24 センチ9.6 インチですがEATX マザーボードのさは 33 センチ13 インチですこのきなフォームファクタを格納できる PC ケースはフルタワーケースとばれますただしこのタワーにさいマザーボードは格納できないということではありません。大きなキャビネットは通常、内部さなフォームファクタのハードウェアすべてを格納できるように設計されています
 

2. ミドルタワーケース

ゲーミング PC 場合、一番人気があるのはミドルタワーケースですサイズは比較的小さいものの十分容量ほとんどのゲーマーが必要とする内部パーツをすべてむことができます。一部のミドルタワーケースはEATX フォームファクタのマザーボードにも対応するよう設計されています
 

3. ミニタワーケース

このサイズになると、必要内部パーツを全部収めることはしくなりますしかしコンパクトなサイズでポータビリティにれているというメリットがありますこのタワーは小型のためMATX フォームファクタよりきいマザーボードをむことはできません
 

4. Mini-ITXケース

現在使用されている中で最もコンパクトで人気の高いフォームファクタの 1 つです。Mini-ITX ケースのスペースはかなり狭く、このサイズで組み込めるのは Mini-ITX マザーボードおよび Mini-ITX と互換性のあるコンポーネントのみです。とはいえ、高機能なゲーミング PC やワークステーション PC のパワーと適度なポータビリティの両方めるには最適選択肢となっています

検討すべき PC ケースの機能

1. 換気

一見するとさそうでも、高性能なハードウェアを使用する場合にはさないケースがありますどんな PC でも、換気さはかせない要素であり、特にハードウェアを限界までげるゲーミング PC にとっては大変重要です。空気れがいとオーバーヒートをこしサーマルスロットリングの原因となります

必要じて追加のファンをけられるようキャビネットには十分なスペースを確保しましょう。将来的にケースの換気改善できるようにしておくと安心です3 基以上のファンをけられるケースをおすすめします
 

2. 冷却システム

CPU GPU 冷却水冷式 AIO クーラーを使用またはカスタム水冷式冷却装置設置することをえている場合、作業しく簡単実行するために十分開口部必要となりますさらに、冷水式冷却ラジエーターのサイズによって、対応不可能なケースもありますすでに冷却システムを購入している場合ケースが対応するラジエーターの種類確認しましょうキャビネットの技術仕様ページに、取可能なラジエーターサイズが記載されています(下記参照)。

ラジエーターの互換性 120/140/240/360/420mm

大型 CPU エアクーラーはかなり嵩張ります。問題なく設置するために必要となるケースの種類やメモリRAM容量確認してください。通常、エアクーラーの仕様ページには下記のようにさが記載されていますこれを参考ケースの(高さではなく)幅をチェックしエアクーラーを確実めることを確認しましょう

エアクーラー仕様表の例
エアクーラー(ファンなし) エアクーラー(ファン付)
高さ160mm 高さ165mm
150mm 150mm
奥行135mm 奥行161mm
 

3. グラフィックカードの

近年、グラフィックカードがくなりケースに問題っていますが、依然として購入したケースにしてグラフィックカードがすぎる場合がありますありがたいことにケースの仕様ページには対応可能なグラフィックカードの最大長記載されていますので、問題となる簡単にチェックできます

このケースの仕様をグラフィックカードの技術仕様ページにあるさとべてみましょう
MSI PC キャビネットは、すべての MSI グラフィックカードに対応しています。例外はありません。

4. ケーブルの管理

これも標準機能になってきていますがケーブル管理機能れたケースならビルドがすっきりとして管理しやすくなります。内部パーツがしくえるだけでなく、取けやから変更作業がしやすくなりますキャビネットにケーブルの収納および配線専用のセクションや可能背面プレートがあることは、十分なケーブル管理機能えたケースを判断するための基準となります
 

5. PSU シュラウド

PSU からだらしなく伸びるケーブルは、PC を組み立てる際の大きなストレスになりがちです。ケースに PSU シュラウドがあれば、ごちゃごちゃしたケーブルや PSU を隠すことができます。ビルドをある程度すっきりさせたい人、特に非モジュラー型 PSU の使用を考えている人には必須です。
 

ケースの外観とカスタマイズ性

1. 強化ガラスパネル

よくえてみましょう。確かにサイドパネルに強化ガラスを使った PC ケースは素敵ですハードウェアをけるまではケーブルを整理してケースをきちんと整頓する時間的余裕がないなら、強化ガラスのサイドパネルはおめしませんただしPC しくてることができるなら、強化ガラスのサイドパネルを搭載した姿最強です

ケースの全体的雰囲気外観さをえることも大事です、色形、デザインなど、純粋判断するくらいで十分です
 

2. RGB ライティング

ライティング効果があるとPC 豪華えますもちろんもが RGB ライティングをむとはりませんうるさくじたり、目ざわりにじたりするもいるでしょうしかしくのライティングによりゲーミング PC やワークステーションの雰囲気くなると好意的です

カスタマイズ可能 RGB ライティングが内蔵されたコンピューターシャーシなら、周囲環境自分気分柔軟わせることができます
 

3. フロントパネルの接続性

ケースのフロントパネルに特定 USB ポートやオーディオポートが必要場合キャビネットのフロントパネルに装備された接続オプションを確認しましょう。最新 USB 規格から人気 3.5mm オーディオジャックまでさまざまなオプションがありますので、必要機能えた PC ケースをびましょう
 

すべてを兼ね備えたゲーミング PC タワー、MSI MPG GUNGNIR 100 をご紹介します!

I北欧神話の主神オーディンが持つ荘厳な伝説の槍グングニルをイメージした MPG GUNGNIR 100 コンピューターケースは、見た目の美しさを追求しながら、最も厳しい要件にも難なく対応できる設計となっています。

大型の EATX(最大 272mm)フォームファクタから小型の Mini-ITX まで、あらゆるマザーボードに対応。カスタマイズ可能でゴージャスな史上最高 PC ケースが高性能機能をご紹介します

ハードウェアが余裕で収まるスペース

このゲーミング PC ケースは、上部 360mm のラジエーターを格納できるスペースをつうえフロントパネルは大型 420mm ラジエーターに対応します。希望冷却システムをけるのに、一切妥協必要ありませんまた、最さのあるエアクーラーにも対応するよう設計されています170mm CPU クーラーに対応できるため、現在人気のどんな高性能クーラーも余裕けられます

MSI MPG GUNGNIR 100 PC ケースには 400mm のグラフィックカードを取り付けられるスペースがあるため、どんな内部パーツも互換性をいちいち確認せずに購入できます。必要なパフォーマンスを提供してくれるグラフィックカードを予算内ただけるだけ。約 360mm 比較的長いグラフィックカードでもスペースは問題になりません
 

ファンの追加可能れた換気機能


MSI MPG GUNGNIR 100 は最大 7 基のケースファンの取り付けに対応するため、換気の問題に対する心配は一切不要です。十分吸排気用ファンが用意されていればシステムで熱問題こることはありません120mm ARGB ファン 1 120mm のフロントファン 3 標準搭載しています
 

3D 印刷が可能なパーツ

シャーシの上部と下部は、カスタム 3D 印刷に対応しています。ロゴ、ゲーム内での名前、自分を象徴するイメージなどを追加し、MPG GUNGNIR 100 のカスタマイズ性を最大限に利用して創造力や個性をアピールしましょう。
 

調整可能な RGB ファン &  Mystic light sync

LED HUB 搭載で、外部のボタン 1 つでライティング効果をコントロールできます。最大 8 つの RGB LED ストリップを追加し、PC ケース上部のボタンをタッチするだけで操作が可能です。

このケースの Addressable RGB (ARGB) ファンは MSI Mystic Light Sync に対応しているため、Mystic Light アプリから操作が可能で、必要に応じてカスタマイズできます。事前のインストールやセットアップが必要なく、直感的なインターフェイスで簡単るさやエフェクト、色えることができます。他 RGB 周辺機器 Mystic Light アプリから簡単操作できるためシャーシや周辺機器およびマザーボードのライティングを 1 つのまとまったユニットとして実行できます
 

強化ガラスのサイドパネル

厚さ 4mm の取り外し可能なサイドパネルが、このシャーシをゴージャスなデザインに仕上げています。内部の RGB の光を浮かび上がらせる透明度を保ちながら、パーツが見えない程度の色がついています。づけばすべてえてしまいますが、遠くからはぼんやりとかいライトがるだけです
 

LED エフェクト操作ボタン

このデスクトップケースには、ライティング効果を変更できるボタンがついています。ケースのライティングや 8 つの LED ストリップを管理できるほか、ボタンを 3 秒間長押しすることで MSI マザーボードの Mystic Light アプリ と接続して内部ライティングを操作できます。


MSI GUNGNIR 100 の簡単使用ガイドを、ご覧ください。

MPG GUNGNIR 100 の詳細は、次のリンクをクリック https://www.msi.com/PC-component/MPG-GUNGNIR-100/Overview
 

BLOG CATEGORIES

RECENT POSTS

RELATED ARTICLES

Article tags

us