{{switchLocationNotice}}

{{blogList.blogTitle}}

Intel 第12世代AlderLakeプロセッサは、市場から好評を持ってZ690マザーボードと発売されました。しかしメインストリームであるB660マザーボードを待っているユーザーもたくさんいることは理解しています。お待たせしました!本日よりB660マザーボードが発売されます!

1月に開かれたCES 2022でMSIがこれから発表するB660マザーボードのラインナップをいくつかご紹介いたします!

ただその前に、前世代のB560マザーボードと新しいB660マザーボードを比較てみましょう。
    • • B660マザーボードはDDR5に対応; ただし、DDR4モデルも併売しお使いの環境によって選択することができます
    • • DRPS対応の強力な電源回路を採用しハイエンドCPUでも安定した動作を実現しています
    • • B660マザーボードは最大で3基のPCIe Gen4 M.2 SSDを搭載することができるようになりました。(PCIe Gen4 M.2 SSDを使用する場合は、M.2 Shield FROZRが取付けられたスロットを使用してください)
    • • 大半のB660マザーボードには、EZ M.2 Clipを搭載し、小型ドライバーなしで、M.2を固定させることができます
    • • MSI B660マザーボードには、電力要求の多いハイエンドCPUを搭載した場合でもパフォーマンスが発揮できるよう、8pin + 8pinのCPU給電コネクタを搭載しています

Z690 vs. B660 vs. Z590 vs. B560

Intel 第12世代CPUは600シリーズチップセットに対応しています。人気が高いB660とZ690の違いを簡単にチェックしてみましょう。また全世代のB560、Z590のマザーボードと比較して、この新しいプラットフォームを詳らかにしていきましょう!/div>

チップセット/strong>
Z690
B660
Z590
B560
PCIe 5.0 Support
1x16 / 2x8
1x16
No
No
PCIe 4.0 Support
1x4
1x4
No
No
CPU Overclocking Support
Yes
No
Yes
No
Memory Overclocking Support
Yes
Yes
Yes
Yes
Intel Optane Support
Yes
Yes
Yes
Yes
DMI (Chipset Link)
8 (4.0)
4 (4.0)
8 (3.0)
4 (3.0)
Max High-Speed I/O Lanes
38
24
30
30
Max USB 3.2 Gen 2x2 / Gen 2 / Gen 1
4 / 10 / 10
2 / 4 / 6
3 / 10 / 10
2 / 4 / 6
Max USB 2.0
14
12
14
12
Max SATA
8
4
6
6
Max PCIe 4.0/3.0 Lanes
12 / 16
6 / 8
0 / 24
0 / 12


MAG B660M MORTAR | MAG B660M MORTAR DDR4 (WIFI搭載機種含)

MAG B660M MORTA


MAG B660M MORTAR WIFI DDR4は現時点ではDDR4のみですが、DDR5モデルもリリースする予定です(注:1月6日現在、DDR5モデルは国内未発表)お使いの環境に合わせて選択することができます

MSIが採用しているMemory Boost機能は、高クロックメモリの安定性を高めるためにノイズを抑制することができます。また同様にCore Boostテクノロジーは基板のに安定した電源供給を行い、ゲーム中などの高負荷時にシステムが安定した動作をすることができます

MAG B660M MORTAR WIFI DDR4はMicro-ATXですが、基板や電源回路は「Micro」ではなく、ATXマザーボードと遜色はありません

強力な電源回路を搭載し、ハイエンドIntel 12世代CPUを安定した動作を実現しています。また、基板の温度上昇を抑制するために、大型の拡張ヒートシンクを含め様々な冷却システムを採用しています

MSI FROZR AI Coolingテクノロジーは、CPUとGPUの温度を検出し、システムのファンの速度を自動的に調整し<、静音性と冷却を両立させることができます/div>
WiFi搭載機種にはWi-Fi 6を採用。2.5G LANとWiFiで無線、有線に関わらず超高速なネットワーク環境を使用することができます

MAG B660M MORTA


MAG B660 TOMAHAWK WIFI | MAG B660 TOMAHAWK WIFI DDR4(注:1月6日現在、DDR5モデルは国内未発表)

MAG TOMAHAWKシリーズはシンプルな機能と高いコストパフォーマンスが特徴のMSIの大人気モデルです。

MAG B660 TOMAHAWKシリーズにはDDR5モデルとDDR4モデルがあり、お使いの環境に合わせて選択することができます

前述のCore BoostやMemory Boost機能を搭載し、CPUのパフォーマンスを安定して引き出す設計を採用しています。

拡張のヒートシンクは、強力な電源回路の上に配置し、冷却能力を高めることで高負荷時部品の温度上昇を抑制します

熱はシステムの安定性を損なうだけでなく、様々なコンポーネントに影響します。MAG B660 TOMAHAWK WIFI DDR4には3基のM.2 Shield FROZRを搭載し、M.2 SSDのサーマルスロットリングによる速度低下を抑制することができます

このマザーボードにもWi-Fi 6と2.5G LANを搭載しています。有線、無線に関わらず超高速なネットワーク環境を使用することができます。

MAG B660 TOMAHAWK WIFI


CES 2022で発表されているMSIが持つ最新のテクノロジーをぜひチェックしてください
▶MSI PC Hardware Innovation Award 受賞
▶最新の12世代CPUを使用したデスクトップはこちら