{{blogList.blogTitle}}

リモートワーカーとしてうまく仕事をこなすためには、気持ちのオン・オフの切り替えが重要です。COVID-19によってオフィスに出勤せず、自宅で仕事をすることが当たり前になった今、短期的にも長期的にも良好な状態を保ちながら、普段と同じように生産性を維持する方法を見つけていかなければなりません。

Let’s go over a few tips for working from home

そこで今回は、在宅勤務を行うときのコツをいくつかご紹介します。

1. 専用のワークスペースを確保する

在宅勤務が始まったばかりのときは、多くの人が一時的なスペースを作って仕事をしていたことでしょう。しかし、リモートワークが当たり前になった今、家の中に専用のワークスペースを確保することはもはや不可欠です。

家で仕事をしていると、どうしても気が散ってしまうものです。テレビの音が響いていたり、子供が別の部屋で遊んでいたり、家族が近くで(小さな声であっても)会話をしていたり...。専用のワークスペースがあれば、他の要素をしばらく遮断することができるため、集中力を切らさずに仕事を進めることができます。そのため、自宅内に専用のスペースを作り、仕事の時はそこに移動するのが良いでしょう。

MSIお勧めの ホームオフィスのセットアップアイデアもいくつかご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

2. 仕事と家庭生活を切り分ける

自宅で仕事をしていると、仕事と家庭の境目が曖昧になってしまうことがよくあります。しかし、ワークライフバランスの観点からはこの2つを分けて考えることがとても重要です。

このバランスが悪いと、家族が隣の部屋にいても一緒に過ごす時間が減ってしまうだけでなく、自分自身が燃え尽きて生産性に影響が出ることもあります。 境界線を引く最も簡単な方法は、(雇用主と話し合った上で)明確な勤務時間を定め、それを守って仕事をすることです。

3. デスクを整理整頓する

机の上が散らかっていると、必ず生産性の妨げになります。ここでいう「散らかっている」とは、例えば机の上に配線など不要なものが無造作に置いてある状態を指します。ワークスペースが目につきやすい場所に設置されている場合は、見た目にも気を配りたいものです。

Keep a Clean Desk

しかし、従来のPCとモニターのセットアップでは、ケーブルの数を一定以上に減らすことは不可能に近いと言えます。そこで活躍するのが、MSIのModern AM241P、AM271 PシリーズのAIO PCです。これらのコンピューターは洗練された豪華なディスプレイに内蔵されているため、デスク上に設置するだけですぐに使用できます。電源を入れ、キーボードとマウスを接続すればそれでおしまい。コンピューティングパワーを犠牲にすることなく、ミニマルで整理されたデスクを実現します。

4. 最高品質の音声 / ビデオ会議環境を整える

チームやクライアント、その他関係者とのコミュニケーションは、全員が顔を合わせていた頃はとても簡単でした。しかし、コミュニケーションは仕事を成し遂げるための重要な要素であるため、リモート勤務になったからといって早々に妥協することはできません。

たまに自宅で会議に参加する程度であればその場しのぎのマイクとカメラのセットアップで十分でしたが、それではもう限界です。在宅勤務を続ける上で信頼性の高い音声と映像の確保は不可欠な要素であり、離れていても「その場にいる」感覚が伝わるような機器を選ぶ必要があります。

Ensure Top-Notch Voice/Video Conferencing Quality

6. 朝の習慣をつける

せっかく家にいるのですから、起きぬけにコーヒーを飲み、デスクに座って仕事をしたいという衝動は、当然ながらかなり強いことでしょう。しかし、きちんとしたルーティンワークに従うことで1日の生産性が上がり、仕事を早く終わらせることができます。その方法とは…

家でも「仕事の準備」をすることです。

仕事をする前にきちんと身なりを整える必要はありません(ただし、出社時のように着替えることで「仕事モード」になれるという人もいます)。むしろ、いつもの平日と同じように、朝の規則正しい生活をしてから仕事を始めればいいのです。こうすることで仕事へのモチベーションが高まり、生産性も向上します。

7. 健康的な食事をとり、十分な量の水を飲む

食事に気を配ることは、いつの時代も大切なことです。しかし、自宅で仕事をしているときは、オフィスで仕事をしているときに比べてジャンクフードや不健康な食品を摂取する可能性が高いため、特に注意が必要です。

バランスのとれた食事を心がけ、栄養が少ない食品の摂取や精製糖の摂りすぎに注意しましょう。

Eat Healthy and Drink Plenty of Water

8. 調子が悪いときは休暇を取る

これは一見、「当たり前」のことのように思えるかもしれませんが、家にいるからこそ多少体調が悪くても仕事ができる衝動に駆られてしまいます。調査によると 、リモートワーカーは病欠の日数が少なく、体調が良くないときでも仕事をする傾向があります。しかし、病気を我慢して仕事をすると、病状が長引いたり悪化したりして、近い将来により長期の休暇が必要になることもあります。

会社に「行く」ことができないのであれば、自宅で仕事をすることもできないと考えましょう。しっかりと休んで早く回復し、それから仕事に戻るようにしてください。

自宅で仕事をするのは実際大変です。簡単なことのように思えますが、多くの人にとってはそうではありません。しかし、今回ご紹介したヒントに従えば、長期的な在宅勤務をよりスムーズに行うことができるはずです。

こちらでは、在宅勤務が心身の健康に与える影響とその対策についてご紹介しています。ぜひご覧ください。