{{blogList.blogTitle}}

ゲーマーの多くはハイスペックなゲーミングPCを用意しても、モニターまではこだわることが少ない傾向にあります。しかしゲーミングモニターを使用すると、ハイスペックなゲーミングPCの性能を余すことなく描写できることで最高のゲーミング環境を構築することができます。
 
モニターはゲームの情報を唯一視覚的にプレーヤーへ伝えるデバイスであり、目まぐるしく変わるゲーム内の状況を正確にわかりやすく描写できることが必要になります。高いリフレッシュレートと高速な応答速度が求められるのはそのためです。
 
とはいえ、一人ひとりのゲーミング環境や好みに合ったゲーミングモニターを探すのは簡単ではありません。モニターを選ぶときに目にするスペックについての専門用語や、必要な機能などを選ぶときに、本ガイドをご参考下さい。
また、こちら からMSIのモニター製品ラインナップをチェックし、自分に合ったモニターを選ぶことができます!
 

ゲーミングモニター購入の際に考慮すべき機能とポイント

1. パネル駆動方式

液晶パネルには、大きく分けて3のタイプの駆動方式があります。それぞれ長所と短所があるため、お好みや優先事項によって、自分に最適な駆動方式を決定すると良いでしょう。

IPSパネル

発色が良く視野角も広いため写真加工などグラフィカルな作業や大人数でモニターを見たりする機会が多い人向け。コントラスト比が低めで、黒の表現が苦手なのと応答速度が遅めなのでアクションゲームやFPSゲームには向きません。応答速度の速いIPSモニターもありますが、価格は高めになります。
 

TNパネル

応答速度が速く、コストも安価なので、ゲーミング環境を低予算で構築できます。視野角が狭く、コントラスト比が低いのでゲームの画質よりも勝率を優先する人向け。

VAパネル

TNパネルと、IPSパネルとの中間あたりの性能を持ち、バランスが良い。ゲームも楽しみたいし動画や写真など多目的に使用が可能です。コントラスト比が高く、黒の表現を得意とします。
上記のように各パネル駆動方式にはそれぞれの特徴があります。自分の用途に適したものを選びましょう。
 

2. 解像度

解像度はモニターを購入する際、まず最初に決める方も多い項目だと思います。解像度が高ければ画素数も上がるため高精細になり鮮明さと画面サイズも大きくなる傾向にあります。ただし、解像度が上がるにつれてゲームを実行させるPCのマシンスペックも上げる必要があります。
Resolution
以下に、一般的によく使用される解像度とその名称をご紹介します。
a) 1,920 × 1,080:フルHD (FHD) / 1080p / 16:9
b) 2,560 × 1,440:WQHD / 1440p / 16:9
c) 3,840 × 2,160:ウルトラHD (UHD) / 4K/ 2160p / 16:9
d) 3,440 × 1,440:UWQHD / 21:9
 
現在4Kモニターや4K対応ゲームが増えてきたこともあり、人気がありますが、4K解像度でのゲームプレイは非常に高いマシンスペックが必要になってきます。4K解像度で安定して60FPSでの描画をできるゲーミングPCの構成は非常に価格が高く、現実的ではありません。
 
 
最も一般的でバランスの取れた解像度は、多くのプロゲーマーが愛用しているフルHDになります。画面サイズも手頃で高リフレッシュレートと高速な応答速度を搭載しながら価格も比較的抑えられているものが多く、MSIではさらにAdaptive-Syncをはじめ広視野角、色再現性、VAパネルを搭載した高画質なゲーミングモニターを多く取り揃えています。
 

3. アスペクト比

簡単にいえば、アスペクト比は最大水平ピクセル数と最大垂直ピクセル数の比のことです。たとえば、フルHD解像度 (1,920 × 1,080) のアスペクト比は 16:9 (1920÷1080 = 16/9) で、一般的に使用される標準ワイドスクリーンの縦横比です。

ゲーム以外でSNSやウェブブラウジングなどを同時に操作する作業領域を広く確保したい方は、さらに横に広いアスペクト比が21:9のウルトラワイドモニターも視野に入れても良いと思います。16:9よりもさらに横長になりマルチタスク時のウィンドウの配置にも余裕が出てきます。さらにウルトラワイド対応のゲームでは、ゲーム画面の視野が広がり臨場感と没入感が共に向上します。現在デュアルモニター環境の方も、モニターが1台にまとめられモニター同士の境目が無くなり、ケーブルの本数も減るため使い勝手が向上することが期待できます。

4. 湾曲型と平面型のモニター

その名の通り、湾曲型モニターには湾曲した液晶パネルが使用されています。従来、パネルは平らであり、画面サイズがある程度の大きさになるまでは充分機能していました。しかし、テレビとは異なり、PCモニターは画面と使用者の距離が近いため、ある程度の大画面になると視線の移動が大きくなり、使用者の負担が増えてきます。
Resolution
そこで考えられたのが湾曲型モニターです。使用者を包み込むような形をしており、画面サイズが大きくなっても最小限の視線の移動で画面端の情報を把握できます。モニターの湾曲率は、人間の眼球の湾曲率に近い曲線を描くよう設計されており、1,000R~1,800Rの範囲になります。
1,000Rははっきりとわかるカーブを描いており、1,800Rは緩やかなカーブを描きます。

5. 画面サイズ

モニターの画面サイズは、画面の対角線の長さで表されます。単位はインチで、1インチは約2.54cmです。
 
モニターの画面サイズと解像度とはそれぞれ別のものですが、モニターの画面サイズを決める際には解像度も関係してきます。
 
大画面モニターの解像度が低いと、精細さが低く、表示が荒くなり、小さいモニターに高い解像度を搭載しても文字などが小さくなりすぎて見づらくなります。下記に、現在販売されているモニターの画面サイズと解像度の組み合わせの傾向をご紹介します。(ウルトラワイドモニターは対象外です。)
 
a) 26インチ以下:1,920 × 1,080:フルHD (FHD)
b) 27~31インチ:2,560 × 1,440:WQHD
c) 31インチ以上:3,840 × 2,160:ウルトラHD (UHD / 4K)
 
※全てのモニターに当てはまる訳ではありません。

6. Adaptive-Sync

液晶モニターのリフレッシュレートとPC側のフレームレートが食い違うとゲーム画面の表示が乱れたり、カクついたりすることがあります。フレームレートがリフレッシュレートを上回っているときに起こりやすいのがティアリング(テアリング)といい、フレームレートがリフレッシュレートとズレ、1枚の画像の中に複数フレームの画像が描画されてしまい、映像が途中で左右にずれたように見える現象です。逆にフレームレートがリフレッシュレートを下回ると、モニターが次のフレームを表示しようとしますがGPUからは次のフレームが送られて来ず、前のフレームが表示されままとなりカクつくきます。これがスタッタリングと呼ばれる現象です。
 
Resolution
 
Adaptive-Syncは上記の現象を抑えるため、モニターのリフレッシュレートをPC側のフレームレートに同期させる機能になります。
 
ADM製のGPUに対応するのがFreeSyncで、NVIDIA製のGPUに対応するのがG-Syncになります。Adaptive-Sync機能を有効にすることにより、ゲーム中のストレスとなるテアリングやスタッタリングを抑え、流れるような滑らかな描写ができ、ストレスフリーでゲームプレイを楽しむことができます。現在、ゲーミングモニターには必要不可欠な機能です。

7. リフレッシュレート

モニターが1秒間で画面を何回更新できるかの性能になります。パラパラ漫画を想像してもらうとわかりやすいと思います。パラパラ漫画をゆっくりとめくっていくと「カクカク」して動きますが早くめくると「滑らか」に動きます。一般的な60Hzは1秒間に60回画面を更新していることになります。
 
Resolution
 
一般的な映画などは60Hzで問題ありませんが、アクションゲームや特にFPSゲームでは144Hz以上が求められます。1秒間に60回の更新と144回の更新では倍以上滑らかな描写ができます。
 
高リフレッシュレートが特に求められるのは、主に動きの激しいFPS・TPSゲームが挙げられます。
 
また、高リフレッシュレートのモニターの性能を活かすにはPC側のスペックも必要になります。 PC側で出力できるフレームレート(FPS)が低ければ意味がありません。 出力可能なFPSが150で、リフレッシュレート144Hzのモニターであれば滑かな描写でゲームが楽しめますが、出力可能なFPSが60で、リフレッシュレートが144Hzのモニターの環境では60Hzで描写しているのと変わりません。その逆も同じです。 プレイするゲームで出力可能なFPSを把握した上でゲーミングモニターを用意しましょう。 ゲーミングモニターで現状最高リフレッシュレートは240Hzとなっており、ハイエンドPCの性能を余すことなく描写が可能です。

8. 応答速度

応答速度の計測方法
MPRT(Motion Picture Response Time):
人間の目の動きを考慮した測定方法として、液晶モニターで映像を再生しその動きをカメラで撮影して動画のぼやけを計測します。映像技術の標準団体であるVESAにより標準化されています。
Gray to Gray(GTG):
中間色(グレーや水色、ピンクなどのある色と色の間の色)の応答速度のことになります。通常、応答速度というと「黒→白→黒」の速度を指しますが、実際にモニターを使用すると「黒→白→黒」の色の変化よりも中間色から別の中間色への変化が行われることが多いため、実用的な応答速度はGTGの方が参考になります。
Resolution
最近では応答速度が0.5msなど、1msを下回るモニターが発売されています。しかし、多くのプロゲーマーは1msのモニターを愛用しています。
その理由は応答速度を高速化させるオーバードライブという液晶パネルに通常よりも強い電圧をかけているためです。オーバードライブを強めにかけると応答速度は上がりますが、表示される色が変化したり、応答速度とは違う残像感が出るため画質が落ちるというマイナス面もあるためです。

9. 色域

モニターを比較していると、色域、sRGBカバレッジ、色精度などの用語がよく使われていることに気づくはずです。
 
Resolution
 
モニターのスペック表に「色域」という項目でsRGBなどの表記を目にすることも多いかと思います。
色域とは、人間が知覚できる色の領域の範疇で、モニターが表示できる色の領域になります。色域の規格として、sRGB、AdobeRGB、DCI-P3などがあります。
 
sRGB:主にパソコンやモニター、プリンタなど一般的なデバイス間で画像や映像のデータをやり取りする際に、デバイス間との色味の違いを整えて、同じ色味を維持できるように定められた規格です。 1996年に策定され、当時主流だったCRTモニターを基準に決められている国際規格。

AdobeRGB:Adobeが1998年に提唱した規格。sRGBよりも広い色域を持っており、特に青から緑の色域が大きく広がっているのが特徴です。AdobeRGBの色域は静止画系のデザイナーや写真、DTPユーザーに重視されている規格です。

DCI-P3:米国の映画製作会社の業界団体が提唱したデジタルシネマのための規格。業界団体にはハリウッド7大制作会社(ウォルト・ディズニー・カンパニーやソニーピクチャーズ、ユニバーサルスタジオ他)が入っています。映画撮影に使われるカラーフィルムの色域に対応し、比較的広範囲の色域を表現することができます。

Appleが提唱したDisplay P3という規格がありますが、これはDCI-P3をベースにしたものであり、iPhoneはもちろん、最近ではAndroidのスマホでも対応機種が出てきています。そのくらいDCI-P3は今後スタンダードになっていく色域であることがわかります。

10. 面積比(比率)とカバー率

モニターの色域のスペック表記に「sRGB比〇%」や「AdobeRGBカバー率〇%」という記載がありますが、面積比とカバー率では同じ%でも実際のスペックは違ってきます。
モニターが実際に表示できる色は、対応している色域の範囲内のみという事を頭に入れておくことが大事です。
 
色域の規格は三角形で表します。その三角形の面積に近い面積であれば、色域が高いと勘違いしてしまいそうですが、モニターが実際に表示できる色域は、規格側の三角形とモニター側の三角形が重なっている部分のみになります。なので、面積比がいくら高くても、規格側とモニター側の三角形の重なっている部分が大きくないと、そのモニターは色域が高いとは言えません。それに対してカバー率とは規格側の三角形内をどのくらいモニター側の三角形が重なっているか(カバーしているか)の数値になるため、カバー率が高いほど規格側の色域に近い色が出せるということになります。以上の事から色域の項目はカバー率で記載されているかが重要だとわかります。
 
PCゲームはsRGBの色域で表示されることを想定して作られていますので、ゲーミングモニターを選ぶ際はsRGBのカバー率を見ると良いでしょう。おおよそ90%以上のカバー率であればゲーミングモニターとしては広色域の部類に入ります。

11. HDR

High Dynamic Rangeの略。
Resolution
 
従来よりも輝度範囲を拡大させることにより、明るい部分と暗い部分を同時に表現でき、肉眼での見え方に近いリアルな光を表現できるようにする機能ですが、映像信号や伝送方式を定めるものであり、HDR10対応モニターはあくまでもHDR10信号の入力に対応したのみで、HDR画質で描写できるとは限りません。そこでモニター側でHDR画質を描写できるように規格化されたのがDisplayHDRになります。
 
DisplayHDRとはVESAが策定した液晶モニター及びノートPCの、モニター側のHDR対応規格になります。 –
a) DisplayHDR 400
b) DisplayHDR 600
c) DisplayHDR 1000
 
となっており、いずれの基準もHDR10のサポートを最低限としています。 3つの規格の数字はそれぞれが最大輝度の数値となっており、さらにDisplayHDR 400はsRGBと同等の規格のカバー率が95%以上とビット深度が8bit表示限定で、6bit+FRC2bitは対象外。 DisplayHDR 600とDisplayHDR 1,000はsRGBと同等の規格のカバー率が99%以上とDCI-P3カバー率が90%以上、ビット深度が10bitまたは8bit+FRC2bit表示と黒から白への輝度レスポンスが8フレーム以下が条件となっています。 通常の液晶モニターは輝度が250~300程度のため、相当に高い基準値となっているのがわかります。

12. モニターの調節機能

MSIのゲーミングモニターのラインナップにはOptix Gシリーズ、Optix MAGシリーズ、Optix MPGシリーズがあります。
 
Resolution
 
スタンダードモデルのOptix Gシリーズでは、モニターの調整機能としてチルト機能が付いており、画面の上下の角度を調整することができます。
多機能モデルのOptix MAGシリーズでは、チルト機能の他に、高さ調整機能が付いているモデルもあります。
 
最上位モデルのOptix MPGシリーズでは、チルト機能と高さ調整機能の他に、画面の向きを左右に回転できるスイベル機能が付いているモデルもあります。
 
 
全てのモデルに当てはまるものではないので、ご購入の前にスペック表をご確認ください。モニター購入の際に重要となる機能ではありませんが、自分の環境に合わせて自由にモニターの角度や向きを調整できれば、安楽な姿勢で長時間使用することができ、ライトゲーマーからヘビーゲーマーまで快適にゲームをプレイできること間違いなしです。
 
MSIのゲーミングモニターの全製品はこちら からご覧いただけます。フィルター機能を使用すると、お好みに合った商品を簡単に見つけることができます。