TOP

コア / メモリ

  • ブーストクロック / メモリ周波数
    1256 MHz / 7000 MHz
  • メモリタイプ 8GB GDDR5
  • 映像出力端子 DisplayPort x 3 / HDMI x 1 / DL-DVI-D x 1

デュアルファンクーラー

  • デュアルファンがヒートシンクのより広い領域をカバーし、熱をより効率的に取り除きます。

オール固体コンデンサ

  • 高負荷環境試験において約10年の高い耐久性
  • より低温かつ高効率
  • 高い安定性のアルミニウムコア

オーバークロックユーティリティAfterburner

  • Android/iOS携帯端末からワイヤレスで操作が可能
  • Predator(プレデター):ゲーム動画キャプチャツール
  • Kombustor(コムバスター):DirectX12ベンチマークソフト内蔵
  • マルチGPU対応

AMD Radeon FreeSync

  • プロセッサーとモニター間の通信問題を解消し、画像のティアリングやちらつきを抑えスムーズなゲームプレイを実現します。
  • HDMI_VGA 2
MSI

デュアルファンクーラー

デュアルファンがヒートシンクのより広い領域をカバーし、熱をより効率的に取り除きます。

AMD FreeSync™ Technology

途切れ途切れのゲームプレイや、フレームが流れたり、崩れてしまう環境は、もう終わりにしましょう。AMD FreeSync Technologyが、どんなフレームレートでも、なめらかでゴーストのないパフォーマンスを実現します

HDR対応

コントラストと色合いの拡張により、驚くほどシャープでカラフルな鮮やかなビジュアル体験を提供します

 

もっと、RADEONで、もっと先に

ゲームの未来へご案内します

第4世代GCNアーキテクチャは、最新のMOBAタイトルや人気のAAAタイトルをプレイするゲーマーのために開発されました。非同期シェーダーとジオメトリエンジンの改良により、新しいレベルのスムースなゲーム体験をもたらします。

Nvidia

ゲーミングの未来

gSYNC

画面の途切れ(ティアリング)、表示のカクつき、入力遅延をなくした、かつてないスムーズかつ高速で、エキサイティングなゲーム体験

gSYNC

ウルトラハイビジョン(UHD)は、1080pコンテンツの4倍の解像度で、ゲーム中の微妙で詳細なイメージをよりシャープに、くっきりと表示します

 

AFTERBURNER

AFTERBURNER

MSI Afterburnerは、世界でもっとも広く認知され、広く使用されているグラフィックスカード用のオーバークロックソフトウェアです。グラフィックスカードを完全に制御し、システムの主要な値をリアルタイムで監視することができます。

military 4

MILITARY CLASS 4 コンポーネント

高パフォーマンスを生み出す決定的な要素の一つに、コンポーネントの品質があります。MSIが米国防省規格MIL-STD-810G認証コンポーネントのみをArmor2Xカードに使用しているのはそのためです。これらのコンポーネントのみが高負荷なゲーミングや規格外のオーバークロックといった過酷な環境で耐え切れるだけの頑丈さを保証されています。

SolidCap

個体コンデンサにはアルミニウムコアを採用し、より高い安定性と効率性、低ESRを提供します。そして高負荷環境試験において約10年の高い耐久性を有します。

 

 

© AMD, and the AMD Arrow logo, Radeon, FreeSync, and combinations thereof are trademarks of Advanced Micro Devices, Inc. DirectX and Microsoft are registered trademarks of Microsoft Corporation in the US and other jurisdictions. PCI Express is a registered trademark of PCI-SIG Corporation. Vulkan and the Vulkan logo are trademarks of the Khronos Group Inc. Other product names are for identification purposes only and may be trademarks of their respective companies.

‘Boost Clock Frequency’ is the maximum frequency achievable on the GPU running a bursty workload. Boost clock achievability, frequency, and sustainability will vary based on several factors, including but not limited to: thermal conditions and variation in applications and workloads.<br> ‘Game Frequency’ is the expected GPU clock when running typical gaming applications, set to typical TGP (Total Graphics Power). Actual individual game clock results may vary.

˄